債務整理・自己破産で生き返る

債務整理・自己破産で生き返る

自己破産による債務整理について

債務整理・自己破産で生き返る
借金で悩んでいる方にとっては、自己破産という言葉を聞くと、社会的落伍者や人間失格といったように思われる方も多いようです。そのため、自己破産以外に債務整理をする方法はないかと考えたりもします。色々デメリットもありますので、必ずしも自己破産を勧めるわけではありませんが、自己破産制度を活用し、一度自分の財産などの身辺を整理して、新たにやり直すためと、前向きにも捉えることもできます。そのため、ここでは、自己破産制度の手続きの仕方や、制度を利用することによるデメリットについて書いていきます。まず、手続き方法についてですが、テレビのCMなどでもよく見かけるように、弁護士に頼む方も多いとは思いますが、費用も発生しますし、またあまりに無知で頼りすぎると、弁護士に足元を見られるなんていうケースもあると考えられます。そうならないためにも簡潔に手続き方法を紹介します。

まず、管轄する地方裁判所に必要な書類を提出します。ホームページにどういった書類が必要かが記載されていますし、分からなければ地方裁判所に行って、職員に聞くことも可能なので一人でも手続きできます。提出すると、面接を受け、破産手続きが開始決定される手順になります。そうすると、破産管財人が選定され、財産の管理、処分されます。債務の整理が免除されると、官報に記載されます。これは、恥ずかしい事なのでデメリットとなります。他にもデメリットと言えば、新たにクレジットカードや金融機関から5年から10年はお金を借りることはできません。いわゆるブラックリストに入るためです。他にも一定の財産を失うことや連帯保証人に迷惑をかける場合もあり、人により違ってきます。

Copyright (C)2019債務整理・自己破産で生き返る.All rights reserved.