債務整理・自己破産で生き返る

債務整理・自己破産で生き返る

債務整理の方法として自己破産がある

債務整理・自己破産で生き返る
債務整理をする方法の一つとして自己破産がありますが、住宅ローンの支払いが残っている場合には債務を免除してもらう代わりにマイホームを失うことになるため、勇気と決断が必要です。私の場合は、金融債務が収入を超えていて返済不能に陥ってしまいました。しかし、住宅ローン残高は依然1000万円以上残っている状態で家族が住んでいる家を失うことはできませんでした。そのために弁護士から勧められた手段は個人版民事再生手続きというものです。これは住宅ローン債務以外の金融債務に関しては減額する交渉をすることで個人が生活再建を目指すものです。最終的には裁判所の判決によるのですが、私は弁護士に一任しました。住宅ローンはそのまま返済を続け、それ以外の債務については減額されたものを3年間で返済し終わることで、生活を安定させようとする計画なのです。

手続きに必要な書類はかなり多岐に亘り、全て取り揃えるのは大変なことでしたが、これで再生する方法しか私には無いと思い何とか全て提出することができました。幸い、裁判所で再生が決定されたので安心しました。今はひたすら弁済を続けながら住宅ローンの返済をしている日々です。正直、以前と生活はそれほど変わりません。常にお金が足りない状況ですが、借金の取り立ての電話が無いだけ安心して暮らせることは間違いありません。あと2年ほどで返済は終了します。しかし、私はもう借入ができない人間というレッテルを押されたのです。まさにブラックリストに掲載された人間になったのです。

RECOMMEND

Copyright (C)2019債務整理・自己破産で生き返る.All rights reserved.