債務整理・自己破産で生き返る

債務整理・自己破産で生き返る

自己破産に伴う債務整理そしてその制度の欠陥について考える

債務整理・自己破産で生き返る
自己破産・・・響きからして深刻な問題ですね。闇金・連帯保証人などなどそこに至る経緯には各々の方々に複雑な事情があるであろうことを察するのはぬくぬくと育ってきた私にも容易です。皆様方それぞれに「破産なんて絶対にするべきじゃない!」や「いや破産も憲法に定められた立派な制度だろ!」などいろいろな意見があって当然だと思います(大変難しい問題ですから)しかしそういう問題の前に解決すべきは他にあると思うのです!そう、問題なのは何らかの事情があってやむ終えず自己破産した方に対する社会の冷ややかな態度です。日本は古来から助け合いの精神が重んじられてきたすばらしい国なのです。それなのに・・・今の日本という国はつらい状況にある方を差別し後ろ指を差して笑うのが当たり前のようです。破産という制度がが必要か否かより社会を担う我々が手を取り合いこの社会の冷たい風潮を何とかする方が数倍大事だと私は思います。

そして破産とは別に多額の借金や多重債務を解決する方法に債務整理がありますね。まぁ別と言うよりは債務整理という枠組みの中の一つに自己破産という制度があるだけなのですけどねこの程度の情報はちょちょいとネット検索をかければすぐに調べることが出来るのですが残念ながらまだまだ詳しい制度を知らずに多重債務による多額の利子などに苦しむ方がいらっしゃるようです。確かに法律に詳しい一部の方を除いて現在進行形で、それらのトラブルを抱えていらっしゃる方に落ち着いて、これらの制度を調べてどれを使うのが良いのか検討してくださいというのも酷な話です。つまりは救済制度があってもその存在を知らなければ利用できないという法の落とし穴がここに浮き彫りになっているのではないでしょうか?

RECOMMEND

Copyright (C)2019債務整理・自己破産で生き返る.All rights reserved.